No.44 今すぐにできること

ーーーーーーーーーーーー
与え与えられるのが、この世の理法である。すなわち、自分の持てるものを他に与えることによって、それにふさわしいものを他から受けるのである。これで世の中は成り立っている。

だから、多く受けたいと思えば多く与えればよいのであって、充分に与えもしないで、多く受けたいと思うのが、虫のいい考えというもので、こんな人ばかりだと、世の中は繁栄しない。

与えるというのは、わかりやすくいえば、サービスするということである。自分の持っているもので、世の中の人びとに精いっぱいのサービスをすることである。頭のいい人は頭で、力のある人は力で、腕のいい人は腕で、優しい人は優しさで、そして学者は学問で、商人は商売で・・・。

どんな人にでも、探し出してくれば、その人だけに与えられている尊い天分というものがある。その天分で、世の中にサービスをすればよいのである。サービスのいい社会は、みんなが多く与え合っている社会で、だからみんなが身も心もゆたかになる。

おたがいに繁栄の社会を生み出すために、自分の持てるもので、精いっぱいのサービスをしあいたいものである。

出典:道をひらく(松下幸之助著)p.60  サービスする心
ーーーーーーーーーーーーーー

見返りを求めず、自然な形で、無私の心をもって、自分にできることをコツコツやっていく。いつの日か人生を振り返った時に、「アッ!自分がやってきたコレがサービス(利他)というものだったのか!」と気づけるようなサービス(利他)を、気負わず、力まず継続していけますように。

平凡すぎて天分とか、天与の才というようなものは持ち合わせていないかもしれないけれど、私たち一人一人は、かけがえのない人間です。探せばきっと自分を世に活かす道・事がみつかると思っています。

周りの人びとのために、あなたにも私にも、今すぐにできることがあります。

それは「笑顔」です。笑顔になるのにお金も、時間もいりません。心の持ち方、考え方ひとつです。笑顔は周りの人々の心をなごませてくれます。
誰にでもできる小さな利他。簡単そうだけど、実はなかなか難しい利他 =「笑顔」。おたがいに意識して継続に努めたいものです。今のその顔(表情)を、そっと鏡にうつして見てみましょう。曇っていませんか?笑顔ですか?一時間おきぐらいに自分に問いかけてみましょう。

苦しみや困難は、心を成長させてくれる肥やしです。今年も「笑顔」でいきましょう(^_^)

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。