No .32 心を清らかに

文字や言葉で自分の考えを伝えることの難しさを感じています。

人に何かを伝える時、私たちは手紙(メール)や電話などを使ったり直接会って話します。文章、写真、動画、図、言葉、身振り手振りなどを交えて伝達します。

手紙(メール)は一方通行で、電話や会って話すのは双方向のコミュニケーション。直接対話する時は、相手の反応や表情を見て、自分の真意が伝わっていないと思えば、言葉や表現を変えて補足ができます。これに対して手紙(メール)は、行きっぱなし。書く人の文章表現によっては相手に不快感や誤解を与えてしまいます。
電子メールなどは便利なツールの一つですが、十分な配慮が必要だと思っています。文章力を磨くことや相手との信頼関係などを考慮する必要性を感じています。

このブログも要注意です。最近徐々に読者数も増えてきて嬉しいのですが、気を付けなければ、と思っています。でも、読み手を意識しすぎて、当たり障りのないことを書いても意味がないと思っています。
自分の考えをそのまま素直に書く。未熟な文章かもしれませんが出来る範囲で精一杯配慮して慎重に書く。読み手は百人百様、いろいろな受け止め方、感じ方があります。
今後も誤解を恐れず、稚拙な内容ではありますが、少しでも読者のお役に立つ内容にできたらと思っています。

あの世に行ったら、言葉や文字を使わなくても、お互いの考えていることがストレートに伝わります。誤解や勘違いも生じません。しかし同時に自分の心の未熟さも周りにストレートに伝わります。今のうちから心を清らかにしておきましょう!

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。