No.22 使命

もうすぐ73回目の終戦記念日。遠い昔の出来事のようだけど、身近かな最近のこと。
毎年この時期になると、十数年前に行った知覧(ちらん)特攻平和会館(所在地 鹿児島県南九州市) 旧 川辺郡知覧町を思い出します。

終戦直前に多くの若者が南方の戦地へ飛び立って行きました。(知覧飛行場 出撃者436人。鹿児島 加世田(かせだ)万世(ばんせい)飛行場 出撃者201人)。決死の覚悟で戦闘機に乗り込む10代、20代の戦士。離陸して翼を2、3回上下に振って地上へ最後の別れの挨拶。それを見送る家族と地元の女学生たちと美しい山容の開聞岳(かいもんだけ)。青い海と空、開聞岳(別名 薩摩富士)を見ながら、爆弾を積んだ飛行機で2時間半後には敵機(敵艦)に体当りする若者の心境と魂の痛烈な叫びが、私の心に深く刺さります。
いつの日かまた、知覧と加世田を丸一日かけて訪問し、御霊とゆっくり語り合いたいと思っています。

73回目の終戦を機に、いま自分は何をすべきか、残りの人生でやるべきことは何か、を再認識することができました。それは、戦争・紛争などの悲劇をなくすこと、人間とは?、死んだらどうなるのか?、何のために生きるのかなどについての正しい知識を伝えていくことです。自分の真理の学習時間をさらに増やし、正しい理解、正しい実践に努めます。

【参考】
このブログ “ 真実一路 ” のホーム写真は、開聞岳(かいもんだけ)です。
“ 開聞岳は、鹿児島県の薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山。1964年(昭和39年)に、霧島屋久国立公園に指定された。山麓の北東半分は陸地に、南西半分は海に面しており、見事な円錐形の山容から別名「薩摩富士」とも呼ばれる。所在地は鹿児島県指宿市(いぶすきし)。ウイキペディアより。”

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。