No .13 “ あの世 ” と “ この世 ”

元気な老後に向けて、今のうちから少しずつ運動習慣と筋肉(筋力)をつけておこうと考えて、スポーツクラブに通い始めて丸1年になります。

心身のコンディションをベストに保って、自分の出来ることを少しでも長くコツコツやり続け、微力ではありますが、より良い世界に出来たら、と思っています。

スポーツクラブには、仕事帰りにほぼ毎日通って水泳を。仕事が休みの日には、筋トレ、ストレッチ体操、ヨーガなどを実施。月に1回身体測定をして、体重、筋肉量、体脂肪率、身体の部位別サイズなどを数値で確認しています。
残業で帰りが遅くなった時や、疲れが溜まっている時は、運動量を減らしたり、休んだりしていますが、2、3日休むと身体がだんだん重たくなって、ジムへ行くのが億劫になり、つい楽なほうへ流され足が遠のいてしまいます。

最近ふと「これって人生に似ているな」と思いました。

シルバーバーチはこう言っています。「人間はこの世に、心を高めるために来ています。自分の意志で自ら願い出て生まれて来ています。地球はトレーニングセンターです」と。地上は修行場、試練の場です。

試練とは「練習の機会を与えられ、試されている」と言うことです。練習の場があると言うことは、本番があると言うことです。本番とは、 “ あの世 “ のことです。“ あの世 “ の時間は永遠に続きます。そこが私たちの本来の居場所です。この世での地上生活は、100年ほどで幕を閉じます。この人生の中で「いかに心を鍛え、高められるか」人間が生きる目的はこれ一点のみです。とてもシンプルです。

では、どうやって心を成長させるのか、シルバーバーチは、明確に示してくれています。1つ目は、色々な欲(金銭欲、物欲、名誉欲など)を自分の意志でコントロールして抑制すること。2つ目は、利他愛の実践(世の中をより良くするために自分を役立てること)。3つ目は、苦しみへの正しい対処です。
この3つのことを忠実に実行すれば、目的を達成できます。

実践していく過程で疲れが溜まってきたら、十分な休養が必要です。そしてまた実践に励む。自分の意志で願い出て、この地球という ” トレーニングセンター “ に来ているのですから、心を鍛え高めなければなりません。

自分の心が、どれだけ成長したか、この世では測定できません。でも、あの世に行ったら、一人一人の心の状態(考えていることや、清らかさなど)が誰の目にもはっきりと分かります。包み隠しは一切できません。丸見えです。

今のうちから日常生活で “ 摂理にそった正しい生き方・考え方 ” の習慣をつけておかないと、一朝一夕には変われません。
あの世に行って丸裸にされても、堂々と暮らせるように、日々、心と体の引き締めに努めたい、そう考えています。

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。