No.9 アスファルトの割れ目

毎日通る道があります。足元を見たらアスファルトの割れ目から小さな可愛い花が顔を出していました!「すごい!誰も種を蒔いていないのに、こんな厳しい環境の中で根を張って花を咲かせているんだ!」と思い、そのたくましさと、心を和ませてくれる名前も知らない花に、しばらく見とれていました。
自然界の植物の種は、風や小鳥たちが運んでくれて、種が落ちた所で根を張って自分の一生をまっとうします。種は、「この場所がいい」とか、「あそこで咲いて暮らしたい」とかの選択の自由はありません。自分の意志に関係なく、タンポポのように風にゆられ自然落下した所でしっかりと生き抜きます。

では、人間はどうでしょう。好きな場所に住んでいても、気に入らなければ引越しできます。好きな仕事をはじめても、思うようにいかなければ職場や職種を変えることができます。好きな人と一緒に暮らしていても、気まずくなったら離れることができます。

シルバーバーチは、「人間は皆、自分が生まれる国も場所も両親も、環境も、生まれる時期も自分の意志で選んで生まれてくる」と教えてくれています。

自分の自由意志で選択して生きることができるこの恵まれた人生を、自分の思い通りに行かないからと言って、「誰かのせいにしていないか?不満に思っていないか?文句を言っていないか?」時どき自問自答しています。

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。