No.5 なくて七癖(ななくせ)

家事や仕事をしていたら、いろいろ理不尽なことに遭遇します。
無理難題、朝令暮改、言行不一致、自己中心・・・・私たちは、このような他人の勝手気ままでコロコロ変わる言動などに振り回され疲れ果ててしまいます。
でもここで大事なのが、相手に腹を立ててしまうのか、それとも一息入れて相手の成長を願うのかです。

人間は皆、大なり小なり未熟です。「なくて七癖(ななくせ)、あって四十八癖」の言葉通り、人は多かれ少なかれ、癖を持っています。誰でも欠点があります。その短所を克服するために生まれてきて、人生の荒波の中で葛藤しながら成長への道を一歩ずつ進んでいます。同時に、自分の長所を誰かのために役立てる生き方をしています。

私は相手の言動で辛い思いをしそうになった時は、深呼吸と体操をして、「人のふり見て我がふり直せ」と自分に言い聞かせています。なかなか難しいけど実践あるのみです。

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。