No.3 桜と根っこと人生と

桜の季節がやってきました。パッと咲いてパッと散るその見事さと儚さから、よく人生に例えられることがあります。

根を伸ばして、養分をしっかり蓄えてきたからこそ、このタイミングで見事な花を咲かせることができるのだと思います。

私たちも日々の地道な努力を重ねることで、ここぞと言う時に誰かの役に立てたり、人に感動や勇気を与えることができるのでしょう。

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ、やがて大きな花が咲く」の言葉通り、今できること、すべきこと、今しかできないことをコツコツ見えないところで継続していくことが大事なんだろうと思っています。
たとえ大きな花を咲かせることができなくても、身の丈に合った花でいい、ひょっとしたら、つぼみのままで終わるかもしれないけれど、その努力はきっと報われると信じています。

自分で自分に嘘はつけません。誰も見ていなくてもいいのです。誰からも褒められなくてもいいのです。自分で自分を評価する日が必ず来るのですから。
最善を尽くしましょう。

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。