No.2 判断基準

なぜそれを始めるのか?
なぜそれをやり続けるのか?
なぜそれをやめるのか?

何かをやろうと決めてやり始めたら、とことんやり続けたほうがいいと思います。途中で色々な困難や障害が発生しても臨機応変に対応し工夫し継続することで得られるもの、見えてくるものがあります。
しかし、何が何でもやり通す意味があるのか、一度立ち止まって見直すべき時なのかもと思う時もあります。

私たちは日常生活で小さな判断や、時には人生を左右するような大きな判断をしなければならないことがあります。信頼できる人に相談するのも一つの方法でしょう。座右の書に答を求めるのも一つの方法でしょう。しかし最終的に決断するのは自分です。その時大事なことは、1.動機は善か?(利他的か。世のため人のために役立つか)。2.自分の本心か?(自分には決してウソはつけません)。で考えると、一時的には不運を忍ばねばならない時もあるかもしれませんが、最終的には必ずうまく収まります。

もうすぐ4月。新年度の始まりです。自分の使命を自覚し、限りある人生をしっかり取捨選択しながら集中していきましょう。

真実一路

日常のできごとを、できるだけ深く広く見て、感じたこと考えたことをそのまま書いていきます。 読者の方の気づき、変化、行動、成長のきっかけになれば幸いです。(毎週金曜日 更新) 当サイトは、リンクフリーです。