未熟者の集まり!?それが、この地球です。人間社会です。

「まじめに、あなたなりの最善を尽くすことです。

そして他人に対して寛容と慈悲の心を向けてあげることです。

それができるということが進化しつつある霊の証です。人間は誰一人として完全な者はいません。

煩悩をそなえた存在であり未熟であるが故に、時には的はずれのことを考えて間違いを犯すものです。だからこそお互いに寛容と慈悲と受容性と愛が大切となるわけです。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.72

千変万化の世の中。無数の考え方・価値観、性格を持った人たちの中でもまれて、人間は成長していきます。

「人のふり見て我がふり直せ」。気高く、強く、一筋に!真実一路。

お互いに許す心と慈しみと思いやりの心が大切なのでしょう。
一日の流れを一ヶ月くらい前から変えてみました。

今年の夏過ぎ頃から疲労感が大きくなってきたので、図書館で本を借りてあれこれと試行中です。数冊の本の中から参考にしたのはこの2冊。

「すべての疲労は脳が原因」 著者 梶本修身
「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術」著者 樺沢紫苑。

生活のパターンを変えてから一ヶ月が経過。効果はまずまずのような気がします。

こんな方におすすめです。「最近疲れが溜まりやすくなった。集中力が続かなくなった。夕方ごろになるとドッと疲れが出て頭が回らなくなる。物忘れが多くなった・・・」
「24時間を有効に使いたい。勉強、休養、仕事、適度な運動、睡眠などの時間をバランスよく確保したい」「活気に満ちた日々にしたい・・・・」ご興味のある方は、ご一読してみてはいかがでしょうか。生活のリズムを見直すチャンスかもしれません。

大切な人生です。いつまでも元気で毎日を過ごせますように。
「問題も困難も厄介なことも生じないような人生はありえません。

地上がそういうところだからこそ、あなたもこうして生まれて来ているのです。

大切なのはそれへの対処の仕方です。内在する神性を呼び覚まして解決策を見出し正しい方向を選択する、そういう対処の仕方が大切です。そのことはよくご存知のはずです。なのにそれが実行できずにいます。

難問や心配事に足を取られて身動きができなくなり、実在ではないただの影をやたらに大ゲサなものに考えてしまっています。物的なものはことごとく霊的実在のおぼろな反影であり、幻にすぎません。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.167

私たちは地上に修行をしに来ています。自分の意志で、自分の苦手なところや短所を補強するために、最もふさわしい環境を自分で選んで生まれて来ています。ですので辛くて苦しいのは当たり前。汗をかきながら自分に負荷をかけて自分を強くするために生きているのです。グチをこぼしてはいけません。否定的な想いを抱いてはなりません。

例えば、ジムに行って「筋トレはキツイから嫌だ。自転車をゆっくりとこぎながらテレビを見ていたい」といっているようなものです。

大切なのは対処の仕方です。解決策を見出し正しい方向を選択する、そういう対処の仕方が大切です。「頭で分かっていること」と「実行していること」は同じですか?と自分に問う毎日です。
人間いつかは必ず死にます。死なない人はいません。

しかし、魂は死にません。肉体がなくなった後も永遠に生き続けます。すでに他界した祖父母や両親、配偶者、子ども、友人などがいるのであれば、あの世で生き続けています。

魂は「知情意」として表現を続けます。私たち人間は、地上でいろいろな喜怒哀楽を体験します。人にもよりますが、苦しみや困難と遭遇する人のほうが多いのかもしれません。

「知」。困難に耐えたり、乗り越えようと奮闘努力する中で新たな知識・知恵を得、モノの見方・考え方が豊かになり「知性」が高まります。

「情」。十人十色、百人百様の人間社会の中で荒波に揉まれながら独立独歩の精神と、協調性の大切さを同時に学び「感情」に穏やかさと丸みが増します。

「意」。理想を掲げながらも、なかなか思うようにいかないこの世の中で、何度も立ち上がり “ 初志貫徹 “ の精神で挑戦を続けることで「意志」が頑強に育ちます。

私たちは、この地上で育んだ知・情・意(知性・感情・意志)を持って、魂を磨く永遠の旅を続けます。

この世で①質素倹約に努め、清らかな生活を心がけた人、②利他の想いと、実践に努めた人、③自分の知識や経験を他に伝えた人、④苦しみや困難の解決に正々堂々と取組んだ人。
この4つの奮闘努力を通して魂が成長します。この過程で得たものは決して無駄にはなりません。

あの世で続く永遠の生活に備え、この世で魂(霊の心)を磨き純白に・透明にする。そうすればするほど本当の自分(分霊)が現れてきます。魂(霊の心)を高め純粋にすること(=霊的成長)。これが「この世で生きる本当の目的」なのです。
リフレッシュ、気分転換、バランス、弛緩(しかん)、メリハリ・・・・。この夏の終わり頃から、自分に言い聞かせている言葉です。

無駄を省く、娯楽は排除、隙間時間も有効に使って全てを目標達成のために費やそう、と考えてここ数年やってきましたが、2、3カ月前から、その反動のようなものがチラホラ出てきました。

なので、数冊の書籍を参考にして、心身の健康回復のためにライフスタイルを少し変えてみようと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【一日のスケジュール(試行)】
(午前)
・早起き
(テレビ、メール等シャットアウト)
・出勤前 自宅学習2時間
(通勤中読書)

・仕事:計画、立案、チェック等(集中仕事)
(メール、電話、打合せ極力排除)

・昼食後 仮眠15分(脳をリフレッシュ)

(午後)
・仕事:メール、電話、打合せ、客先訪問、現地調査等(軽微な仕事)
(1時間に1回休憩、屋外に出る、日光浴、散歩と深呼吸、ティータイム、笑う(^.^))
・定時退社

・ウォーキング
・音楽鑑賞または楽器演奏
・ヨーガ、ストレッチ、瞑想
・22時就寝
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
心・脳・体を日々リフレッシュして末長く使えますように。

きょうは「立冬」。朝晩冷えこんできました。あたたかくして体調を健やかにたもちましょう。
雨の音を聞きながら書いています。

早朝にひとりの部屋で、雨音を聞きたくて半分だけ窓を開け静かに目をとじて聞いています。

不規則な雨音。ひさしに当たる音。葉っぱにあたる音。軒から落ちる雨だれの音。降雨の強弱・・・・。「不規則な規則性」に心と頭が安らぎます。

自然の中に眼を向けると、草花や木々が風でゆらいでいます。自然は変化に富んでいて同じものはありません。だから見ていても聞いていても飽きないのでしょう。

人間の生活も体も心もすべて刻々と移り変わっていきます。人間同士も似ている人はいてもまったく同じという人はいません。十人十色。百人百様です。

自然界も人間界も同じ。だから季節や雨音、陽ざし、樹木や草花のゆらぎや移ろいに心がひかれ同化するのかもしれません。

あわただしい日常生活の中で、ひとりの時間を大切にしたい、1つひとつのモノやコトにていねいに心を合わせていきたい、そう考えています。
第1回 広島シルバーバーチ読書会を開催しました。

会のはじめから終わりまで予定通りに実施できたことを感謝しています。

一歩を踏み出すよき日となりました。

先のことをアレコレ考えず、1回1回の準備を自分なりに精いっぱいやる。毎回毎回ベストを尽くす。霊界の方々と共に準備を進める。読書会当日は霊界の代弁者としての自覚を持って話す。気合いを入れて、ていねいに魂を込めて語りかける。肩の力を抜いて力まず自然体で、道具意識と謙虚さを念頭に置いて進める、と自分に言い聞かせています。

広島の参加者といっしょに学習ができ、有意義な時間となりました。

HP 「読書会のご案内」 11月の日程などを更新しました。関心のある方はご覧ください。

「たった一人でいいのです。(中略)この地上において元気づけてあげることができれば、それだけであなたの人生は価値があったことになります。」『シルバーバーチの霊訓(1)』(潮文社) p.31

コツコツと1粒ずつ種をまいてまいります。
健康が第一。心と体の健康が一番。

健康のためには、「正しい食生活」「適度な運動」「十分な休養」「ストレスを溜めないモノの見方・考え方(精神状態)」を心がける。
ここ数ヶ月、特に強く自分に言い聞かせています。

不調や痛み苦しみなどを経験して改めて気づく健康の大切さ、ありがたさ。心と体の調子を整え、1つひとつのモノ・コト・ヒトにしっかり意識を合わせ、注いでいこうと思っています。

今月からシルバーバーチの読書会を広島でスタートします。心身を整え、会の準備に自分にできる範囲で万全を尽くして臨もうと考えています。

初心にかえって、スピリチュアリズム普及会のHPの「霊的真理の普及活動(伝道)」を読みました。
以下HP概要
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1)普及活動の意義――最高の利他愛の実践
1)真理の伝道は、最高の利他愛の実践
2)真理の伝道は、スピリチュアリストの義務

(2)普及活動を始める前の準備
1)まずは自分自身の「霊的新生」
2)自らを「霊的新生」させるための4つの実践内容

(3)普及活動を進めるうえでの2つの大原則
1)道具意識に立った伝道
2)時期のきた人に伝える

(4)普及活動の実際――“種蒔き”に徹する
1)真理の種蒔きと、時期のきた人との出会い
2)真理を手渡すまでが、私たちの責任領域
3)読書会やサークル活動を主催するうえでの注意点

(5)普及活動における信仰と忍耐

※※大切なことは、目に見える実績ではなく、スピリチュアリズムのため、人類のためにどれだけ真剣に誠意を尽くしたかということです。結果よりも、人々の救いを願って誠意を尽くしたプロセスこそが重要なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
秋、10月、神無月。気持の良い季節になりました。万物に意識(愛)を注いでいくこと = 心を高めること = 霊的(魂)成長 = 人生の目的。
半年ほど前に畑で知り合った人がいます。

当初は明るい表情だったのですが、ここ3、4か月どうも表情が曇っていて、明らかに何か悩みを抱えているような感じだったので、ずっと気になっていました。思い切って聞いてみると・・・・、目を潤ませながらポツポツと話してくださいました。

話を聞き終えて最後に、私にできる範囲でお声かけをしました。

それから数日が経過。相手の事情はわかったけれど果たして自分に何ができるのか?何かお役に立てないものか?と考えた末、メールを送りました。

(以下 送信メールの一部)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●●さん
こんにちは。

10月に入りましたが、昼間はまだまだ暑いですね。でも来週の火曜日(10月8日)は、二十四節気の「寒露(かんろ)」。朝晩が冷え込んできて、草花や野菜に冷たい露(つゆ)が降りる時期です。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもありますので、心身の健康管理にお互い気をつけましょう。

いろいろ辛いことも多いと思いますが、常に「笑顔」でいきましょうね(^ ^)

今朝読んだ本の中に、●●さんの心の支えになるのでは!と思った箇所がありましたのでお送りします。お節介ですみません。●●さんのお役に少しでもなれば幸いです。

「まじめに、あなたなりの最善を尽くすことです。そして他人に対して寛容と慈悲の心を向けてあげることです。それができるということが進化しつつある霊の証です。人間は誰一人として完全な者はいません。煩悩をそなえた存在であり未熟であるが故に、時には的はずれのことを考えて間違いを犯すものです。だからこそお互いに寛容と慈悲と受容性と愛が大切となるわけです。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.72

「健康な野菜」と「健康な心身」をつくっていきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以上)
シルバーバーチの言葉が、一人でも多くの人の心に届いて、響いて、根付きますように。(祈り)
言葉も文化も肌の色の違いも乗り越えてスクラムを組む。

「1人はみんなのために、みんなは1人のために」適材適所で力を尽くす。

イノシシのように猛突進する人。キリンのように背が高い人。チーターのように俊足の人。コンピューターのような正確さと早さで状況判断をし指令を出しながら自らも動く人。

個性豊かな15人が集まって共に助け合い、自分の得意なことを発揮してチームに貢献する。自分を犠牲にしてボールをいかす。スクラム最前列のプレーヤーの首や腰にかかる加重は1.5トンから2.0トン!。一人ひとりが役割を果たして好条件でボールをまわすことに徹する。トライを決めた選手は派手なパフォーマンスはしない。

犠牲精神と謙虚な心を育むスポーツ。それがラグビー。学生時代のほぼすべてをラグビーに捧げてきた自分流の解釈ですが、そう考えています。

4年に1度の世界大会(ワールドカップ ラグビー 日本 初開催)をテレビ観戦しながら、気持ちが若返っています(笑)

地球に真の平和を築くために、微力ではありますが “ 全身全霊で真理普及にトライ ” ・・・・。
相手の発言を一旦受け止め、じっくりと考えてから言葉を返す。
返す言葉がすぐに浮かんでこないときは、出て来るまで待つ。

世の中には色々な人がいます。
口の悪い人。機関銃のように一方的に、攻撃的にしゃべる人。自己中心的な視点から無理難題を言ってくる人・・・・・。

そんな相手にほとほと疲れ果ててしまい、心が乱されてしまいます。
相手の発言にビクともしない鍛え上げた強靭な魂があれば、どんな状況に置かれても平然としていられるのでしょうが、未熟な私はまだまだその域には達していません。

最近はこの箇所を繰り返し読んでいます。

「生活は “ 行い ” だけで成り立っているのではありません。“ 言うこと ” も “ 思うこと ” も生活の一部です。行為だけが大事と思ってはいけません。もちろん行為が一ばん大事です。が、口にする言葉も心に思うことも、あなたの一部です。その思念がコントロールできずに、それに振り回されている人間が多いのは悲しいことです。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.165

自分に「正直」に、相手に「誠実」に。
真理に照らして人としてどのように対処したらいいのか、自分の 「思い」「発言」「行動」に気をつけようと思っています。

人生の目的は美しい心をつくること、育てること = 心を高める = 魂を磨く = 霊性を高める = 霊的成長をすること。

霊的に「美心 = 美顔 = 美人」を目指しましょう。

美しい心。美しい表情(顔)。美しい立ち居振る舞い(人)を目指しましょう。

エゴ的思い・不安・心配・いらだち・怒り・恐れ・悲しみ・しっと・絶望といったストレス(マイナスの感情)を捨て去り、自然の摂理にそった考え方と質素な暮らしを常に心がけましょう。

先のことをあれこれ考えて取り越し苦労をしない。今の一分一秒を大切に生きる。

私たちは決してひとりぼっちではありません。いつも一緒にいてくれる心強い親友がいます。きょうも笑顔でいきましょう。

守護霊の動画 + 音声解説を掲載しました。
ご興味のある方はご覧ください。
広島シルバーバーチ読書