人生の目的は美しい心をつくること、育てること = 心を高める = 魂を磨く = 霊性を高める = 霊的成長をすること。

霊的に「美心 = 美顔 = 美人」を目指しましょう。

美しい心。美しい表情(顔)。美しい立ち居振る舞い(人)を目指しましょう。

エゴ的思い・不安・心配・いらだち・怒り・恐れ・悲しみ・しっと・絶望といったストレス(マイナスの感情)を捨て去り、自然の摂理にそった考え方と質素な暮らしを常に心がけましょう。

先のことをあれこれ考えて取り越し苦労をしない。今の一分一秒を大切に生きる。

私たちは決してひとりぼっちではありません。いつも一緒にいてくれる心強い親友がいます。きょうも笑顔でいきましょう。

守護霊の動画 + 音声解説を掲載しました。
ご興味のある方はご覧ください。
広島シルバーバーチ読書
猛暑が戻ってきました。大阪も連日の真夏日!

でも暦の上では白露(はくろ=大気が冷えてきて露を結ぶころ)をすぎたこともあり、朝夕は虫の音や秋の風を感じることができます。

先日は、京都 静原で仲間たちと稲刈でした。
秋雨でぬかるんだ田んぼに田植えぐつを履いて入り、首には熱中症対策で保冷剤をタオルで巻きつけ、顔には日焼け止めクリームをぬって、麦わら帽子をかぶり、カマで手刈りして天日干し。

炎天下での肉体労働は大変な修行です!

春や秋がずっと続いてほしい、と一瞬思う時もありますが、真夏の暑さを体験するから、吹いてくる秋風にうれしさを感じることができるのでしょう。

厳寒を体験するから春の日差しに大きなよろこびを感じるのでしょう。

「さんさんと太陽がふりそそぎ、すべてが平穏で、問題が何一つ生じないような生活の中では霊的進化(魂の向上)は得られません。困難に遭遇しそれを克服した時にはじめて霊性が向上するのです(シルバーバーチ)」

明と暗、苦と楽、陰と陽、山と谷・・・・・両方を体験するから両端がわかり、全体像が徐々に見えてきて、思慮が深まり、心が高まります。身に起きることをすべてプラスに変換していきましょう。心の持ち方しだいです。きょうもファイト。

きょう(13日)は、十五夜。たまには月でも眺めましょう。
「悩みの種が尽きることはありません。だからこそ地上に来ているのです。すなわち問題を一つ一つ片づけて行く中で、新たな力、より大きな発展を獲得していくのです。次から次へと生じる問題を挑戦課題として受け止め、一つ一つ処理していくことです。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.182

仕事、家事・・・・。次々に生じる苦しみや困難。鼻歌交じりの呑気な人生では魂の成長はできない!頭ではわかっていても、次から次へと出てくる挑戦課題にほとほと疲れ果ててしまうことがあります。

先のことをあれこれ考えて取り越し苦労をしない。

私にできること、すべきことは、動機善で今の一分一秒に魂を集中して丁寧に生きること。それを積み重ねていくこと。きょうも笑顔で。
反省の多い日々です。自分の未熟さを痛感しています。

「物の見方・考え方には常に柔軟性がなくてはなりません。柔軟性こそ霊的問題に処していく上での絶対的要件です。独断主義は不毛・沈滞に堕していきます。常に自由な精神を維持していなければなりません。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.163

固い信念と柔らかい心と。
強いリーダーシップと柔らかな協調性と。
理想の実現に向けた努力と流れに身を任せる柔軟性と。

沈黙を守って静寂さを。コミュニケーションをとってなごやかな雰囲気を••••••。

「小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり」この言葉を時々かみしめています。

自分のものさし、自分のバランスの支点、不動もいいし、適時更新も必要?
答えは分かりませんが、「動機は善か?」「周りの人たちから非難されたり、陰口を言われようと、あの世にいったらすべてがオープンになる。心の中が分かる」だから今はどんなに誤解されようと、理解してもらえなくても「動機善」を貫こう。

自分で自分に嘘はつけない。全部知っている。自分で自分を裁く(評価する)日があの世にいったら必ずくるから。
1本80円で仕入れてきたキュウリを100円で売るか?120円にするか?150円で販売するか?・・・・父と母はよく小声で相談していました。

毎朝3時半に起きて、母が入れたお茶を飲みながら仕入の打ち合わせをする両親。私は時々明け方トイレにいって、そのままその姿を見ていました。「まだ早いから寝ていなさい」と父。『うん、見送ってからまた寝る』。片道60kmの鹿児島市内の市場にセリ(競り)のためトラックに乗って家を出る父。それを見送る母と私。

毎日前夜、母がお店の在庫を確認して、仕入れ品を書き出し、そのメモと現金を透明のナイロン袋に入れて父は買い出しに行っていました。

父母が一代で築いた田舎のお店(食料品・日用品)。近所に競合4店がある中で、生活を切り詰め、私たち3人の子どもを育ててくれました。

1回くらいは家族5人で旅行に行きたかったけど、元日の午前だけが休みだったので、友だちから聞く旅行の土産話がうらやましく思った頃もありました。
それでも時々、夜閉店してから家族で近所の温泉に行ったり、祖父母の家に行くのがとても楽しみでした。

少しはゆっくりして欲しかったけど、63で他界した父。母にはその分、のんびりと生きてほしいです。
ーーーーーーーーーーーーーーー
8月23日(金)は、二十四節気の処暑(しょしょ)= 暑さが少しやわらぐころ。朝の涼しさと虫の声に秋の気配を感じて一人でニッコリ、ホッとしています。

迷いが生じたとき。心が折れそうになったとき。これを読んで、沈みそうになった心を懸命に引き上げています。人生は長い道のりです。でも一瞬!!

「あなたが人間であり、それゆえに転ぶこともあることは私も知っております。

ですが、悩みごとが次第に大きく感じられてきた時、そこでしっかりと踏みとどまり、いかなる悩みごとも、実在である霊の光を曇らせることはできないのだという認識を新たにすることができれば、心晴れやかとなり絶対に克服して見せるとの信念が湧いてまいります。

これは実に厳しい教訓ではあります。が、もしらくに達成できるものであれば、求める価値はないことになります。両手に花とはまいりません。

何かを成就せんとすればまず自我を鍛えないといけません。鍛練の必要のないほどのものであれば、自我の開発にはつながりません。」シルバーバーチの霊訓 12巻 p.147

読んで実践。実践→失敗→反省→熟読→自分を鼓舞→→→また実践・挑戦→またつまずき→また反省・教訓を得→熟読→自分を鼓舞・励ます・・・・。

心を高める旅は永遠に続きます。地上だからこそ出来ること、すべきこと、学べることがたくさん!地に足をつけ、背筋を伸ばし、顔を上げて、笑顔で魂を磨き続けてまいりましょう。
複雑なことを簡潔に、端的に。膨大な情報を絞り込んで適量に。分かりにくいことを一瞬で理解できるように整理する。まとめる。

人に分かりやすく伝えるためには、文字数と言葉数を最小限にすることが大事だと考えています。一対一で説明するときは、相手7:自分3くらいの発言比が一番伝わりやすい、と自分の経験から思っています。

仕事柄、初対面の人と話す機会が多く、ここ20年間で約2,000人のひとと話をしてきました。

内容を正確に伝えることは、もちろん大事ですが、まずはザックリと概要(アウトライン)を伝える。話したいこと、書きたいことを出来るだけ絞り込んでシンプルにする。そして一番重要なことは、自分自身がその伝える内容の本質をしっかり理解している事。当たり前のことのようですが、ここがポイントだと思っています。

伝える時に、話を広げすぎない。専門用語を使わない。出来るだけ分かりやすい日本語で話す(「カタカナ」をできるだけ少なくする。)、1つのことを3つ以上の単語に置き換えて表現する、などを心がけています。

今年の1月ごろ読書会の開催を決意してから、この半年繰り返し読んでいる本があります。「スピリチュアリズム入門<新版>(普及会)」「続スピリチュアリズム入門<新版>(普及会)」の2冊です。じっくり読めば読むほど、この本の素晴らしさを再認識しています。
基本に忠実に。常に原理原則を意識して。迷いそうになったら原点に立ち返る。
私の座右の書です。

京都で「広島シルバーバーチ読書会」のリハーサルをやります。
もし参加希望の方がいらっしゃいましたら、メールをお送りください。台風の進路が気になりますが、一緒に勉強いたしましょう。

2019年8月15日 (木) 13:00〜14:30(12:30オープン。13:00スタート)
長岡京市中央生涯学習センター 6階 「会議室3」JR長岡京駅 西口から徒歩2分
長岡京市神足2丁目3-1
参加費 無料
持参する物 筆記具、シルバーバーチの教え 上・下
建物外観(長岡京市中央生涯学習センター)

猛暑の夏がやってきました!
気温の上昇に連れ、セミの鳴き声も一段と気合が入り大きくなってきました。

「涼しい夏もうれしいけど、やっぱり夏は暑い方がいいかも・・・・」と思っています。

仕事の行き帰りイヤホンで音楽を聴いていますが、セミが大合唱している木の下を通るときだけは、両耳からイヤホンをはずして鳴き声をしっかり聴きながらセミと会話をしています。

一瞬の地上生活を力いっぱい生きているセミたち。毎日ありがとう。木にへばりついて、ひたすら歌い続けているセミ。何の苦労も悩みもなく、ただその場にじっとして好きな歌を歌っているように見えるけど、セミにはセミで色々な苦労があるのかもしれません。

今度セミに聞いてみようかな?と思いますが、「そんな泣きごとを言っているヒマはありません。人間より極端に短い地上人生を、今この瞬間(盛夏)をセミらしく生きるだけです」と返事がかえってきそうです。

「この世に悩みのない人はいない」「苦しみや困難は心を高めるチャンス」「心配は最大の敵」「先のことをアレコレ考えて取り越し苦労をしない」・・・・。

すぐに忘れてしまう自分に何度も何度も言い聞かせています。分かっているけど出来ていないということは、身についていない証拠。
「言うは易(やす)く行うは難(かた)し」。実践あるのみです。

広島シルバーバーチ読書会
2019年10月スタート
広島シルバーバーチ読書会(2019年10月20日スタート 「No.71」ブログ参照)開催に向けて、広島に下見に行ってきました。

今回の主な目的は3つ。
1.第1候補会場(A)での読書会リハーサル。ノートパソコンとレンタルプロジェクターの接続・動作確認
2.第2(B)候補、第3(C)候補会場の場所(部屋含む)確認
3.広島市内の土地勘をつかむ等

ーーーーーーーーーーー
【行動記録】19.07.20(土)〜21(日)
20日(土)
24:00 大阪 梅田 夜間高速バスにて出発
21日(日)
6:00 広島市中区 八丁堀 到着 
          A会場へ徒歩で移動(土地勘をつかむため)
6:30 A会場 場所と周辺施設確認
         平和記念公園へ徒歩で移動 挨拶・祈り
7:15 カフェで朝食 休憩
          読書会 準備
9:00 B会場(徒歩) 場所と部屋 確認
  (建物が新しくてきれい!耐震構造も良。受付スタッフも親切でした)
9:45 C開場へ(路面電車で移動 運賃と乗り心地、移動時間 把握のため) 場所と部屋 確認
10:45 A会場 再到着 読書会予行演習 
13:00 読書会、電源機器、
           室内レイアウト(机配置等)
            チェック 終了
13:30 広島駅から大阪へ 新幹線のぞみ
15:00 新大阪 到着
16:30 帰宅
ーーーーーーーーーーーーーーー

ふうっ〜〜。テレビで相撲の千秋楽と選挙速報だけを見て、20:30 そく就寝。熟睡したので今日も元気です(笑)

【開催日時】2019年10月20日(日)13:00〜14:30
【開催場所】広島市まちづくり市民交流プラザ(広島市中区袋町6番36号)北棟 5階 研修室A(部屋の予約申込みが混雑(集中)していて、広い部屋しか仮予約できませんでした。)
一緒に学びましょう。

過度のストレスが長期間続いて、心身に支障をきたし辛い時期を過ごしたのは今から20年くらい前のことでした。

生き方、働き方、人生について指針を探し求めて図書館、書店、各種セミナーなどにあちこち行きましたが、探しても探しても見つかりません。「この世には、そんなものは無いのかも」「万策尽きた」・・・・と諦めかけていた時に、一冊の本に出会いました。

その本は、からっカラに乾いたノドとココロに潤いを与えてくれる一杯の恵の水のようでした!嬉しくてうれしくて短期間に全部(12巻)を読み終えました。しかし、あまりにも情報量が多すぎて、「果たして自分は、本の内容を正確に理解できているだろうか?」「間違った解釈をしていないか?」。「繰り返し読み続けて人生の指針にしたい」「正しい理解に努めたい」「何かいい方法はないだろうか?」と考えていた時に、本書を理解するための「読書会」の存在を知り参加させてもらうようになりました。通いはじめて今年(2019年)で12年になります。途中で何年か他の勉強会に参加して休んだ時期がありました。回り道をしてしまったのかもしれません。でも、今思うと、かえって他を見たことで色々な学びがあった!と思っています。

私の心を元気にし、体も健康にしてくれたこの本と読書会に感謝の気持ちでいっぱいです。能力や力は不足していても、今度は私がご恩返しさせていただこうと、心を定めました。色々なことを覚悟し、想定外のこには臨機応変に対応していくことで、未熟な魂を磨いてまいります。

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」(稲盛和夫さん)の言葉を胸に、入念な準備と大胆かつ繊細な心で開催してまいります。

最近、シルバーバーチのこの言葉を繰り返し読んでいます。
「あなたが人のために役立つことをしようと努力する時、必ず背後には複数の進化せる霊が集結して応援してくれます。決して見捨ててはおきません。といって、それで物事が楽に成就されると期待してはいけません。必ず困難はつきまといます。面倒なことも生じます。が、きっと成就されます。霊の世界からの協力者は決して降参しません。あなたが投げ出さないかぎり、いつまでも、勝利するまで味方になってくれます。」

「広島シルバーバーチ読書会」のホームページができあがりました。よろしければ、ご覧ください。
https://www.silverbirch-hiroshima.com/

令和元年10月下旬スタート予定
場所(会場)の予約が取れ次第、日時と場所をHP に掲載いたします。(参加費 無料)申込みをお待ちしています。一緒に学びましょう。
矢のように次から次へと飛んでくる日常業務。

電話、メール、打合せ、相談対応、資料・現地調査、チェック、承認・・・・。あれも、これも全部こなしたいけど、でも一つずつしかできません。どんなに頑張っても所詮一人で出来ることには限界があります。できるだけ仕事を周りに振って(任せて)、周りの人が働きやすい環境を整えるのが私の役目。自分のやるべき事を見極めて、それに時間を注ごうと思っています。

プライベートでは毎日、シルバーバーチの本を中心に読んでいます。それに加えて家族のことや健康のこと等々について、関連知識を得たり問題を解決するために読みたい本が増えてきています。溜まっているのは現在8冊。常時カバンに2、3冊入れて早朝や電車の移動時や仕事帰りに図書館に立ち寄って読んでいますが追いつきません。

選択と集中、大事です。世の中のことに惑わされて、“ アレもコレも ” の状態になっているのかもしれません。知識を積極的に吸収する事と、世間の現象に振り回されない視点が大事です。バランスをとっていこう。一人静かに心を落ち着け、静寂の中に身を置いて、ゆっくり考えを巡らせながら不要なものを手放していきたい、そう考えています。

いつも笑顔でいることは難しい。 
 毎日おだやかな心で暮らすのは難しい。 
 
でも、反対の考え方もあります。 
 
心の持ち方ひとつで簡単に笑顔になれる。
モノの見方・考え方ひとつで心が晴れて軽くなる。 
 
明暗は表裏一体。心次第で瞬時に変わる。
 
物事を悪い方へ考えれば悪循環が加速して、「泣きっ面(つら)に蜂(はち)」状態に陥り苦しみが心身に現れます。そして、自分の考えと行動が自然の摂理から外れていたことに少しずつ気づくにつれて徐々に正道を歩むようになります。 
 
私たちは、自らの摂理違反によって招いた痛みと苦しみを体験して、その誤りに気づくチャンスをもらっています。
それを経て摂理にそった言動へと進路を変え、 “ 善き想い ” を持つことを習慣化し魂に刻み込むために実社会で訓練をしているのだと思います。

つらいことがあると長いトンネルのようだけど、人生は一瞬!困難や苦難が心を強く清くしてくれる。だから、何事も前向きに捉えて笑顔で暮らす、笑顔で生きる♪ 
 
こんな想いを歌にして、ギターの弾き語りライブをほぼ毎月1回させてもらっています。久しぶりに昼間の開催なので、直前ではありますがお知らせいたします。
私の出番は、2番目の(カン)14時30分ごろからの予定です。 
----------------------------- 
7月7日(日)
あべのルシアス『Aステージ』
【仲間で楽しく音楽会】
 出 演『敬称略』
14時00分 ~ なうえる
14時30分 ~ カ  ン ★
15時00分 ~ いっしょうびん
15時30分 ~ 真ちゃん
16時00分 ~ ついん's
16時30分 ~ ZORO 
17時00分 ~ 終  演
☆大阪あべの/ルシアスビル15階『スカイコート』
大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5ー1
-------------------------------- 
もしご都合がよろしければ、たまにはリフレッシュしにお越しください。一緒に歌いましょう🎶